Read Article

教習所の複数教習「駐停車」を女の子二人と行う~かなり気まずい

スポンサードリンク


複数教習駐停車
初めての複数教習を経験しました。

お相手は、昨日高校を卒業したという感じの
若い女の子二人です。

娘くらいの歳の女の子二人と一緒に
自動車学校の実技教習を受ける・・・
正直つらいものがあります。

40過ぎの私と一緒に教習を受けなければいけない
この子たちは、私をどう思っているのだろう?

少し憂鬱な気分になりながら実技教習スタート。
「最初は誰から運転しますか?」と教官が聞きます。
誰も手をあげず、「う~ん、ではアナタから。」と私が
最初に運転。

わたしの運転で教習所の外に・・・

「そこの店の前で停車してください。」と教官。
えっと思って、まごまごしているうちに店を通り過ぎる。

教官のブレーキ、
「停車する場合は、これこれこういう手順で行います。」
停車について細かく指導を受けましたが、
頭がついていかず裏覚え。

教習車を走らせて、赤信号で止まっていると。
「こっちを向いて下を向いたよ?」と後部座席の女の子が話している。
助手席の教官が「シャイな性格なんじゃない?」と答えている。

なんだどうしたんだ?
わたしは運転に集中しているふりをして聞き耳をたてていると

どうやら赤信号待ちで
隣の左の直線レーンにいる車のドライバーが
シャイな性格なのか?
後部座席の女の子二人を見て、
意識したのか下を向いてしまったらしい。

そのドライバーを見てみたい誘惑にかられたが
私は運転に集中してますよ的な素振りで実技教習を進める。

「そこの民家の車庫の手前で停車してください。」と教官の指示。

えっと思って停車したら車庫が横に・・・
車庫の前に停車してしまうのは、民家の家の車が出れなくなってしまうので駄目。
全体的に反応が遅い感じがするという教官の評価・・・

「それでは運転を変わりましょう。」と教官。
私は後部座席へ・・・わたしの運転は15分位だったか?

スポンサードリンク

同じ教習を受けている女の子一人が運転席に、
もう一人の女の子と私が後部座席・・・

あ~気まずい。

わたしは女の子の運転を見るわけでもなく
ずっと横の窓の外を見ていた・・・

「停車できる場所で停車してください。」と教官の声が聞こえる。
女の子が停車すると、バスの停留所が5mくらい後ろにある・・・
「停留所からは10mの距離を開けなければいけません。」と教官。

ふ~んなるほど・・・
わたしは窓の外を見ながら聞き耳をたてている。

女の子の運転で教官の急ブレーキ!
右折時に対向車を見ていなかったのか?
対向車にそのまま向かって行こうとした・・・

教官のブレーキがなかったら接触事故を起こしていただろう。
私と一緒に後部座席に乗っている女の子が、
「いまのブレーキ踏まれなかったら、4人共あの世行きだよ!」と言った。
その通り!私は窓の外を見ながら心の中で同意する。
今のはかなりやばかった・・・

「では、運転を変わりましょう。」と教官が言い
後部座席に乗っていた女の子の運転。
運転していた女の子は私の隣へ・・・

あ~気まずい。

教習時間終了間近になり教習所に帰る・・・
結局女の子たちとは一言も喋らなかった。
女の子たちも、私をいい意味で無視してくれたのかもしれない。

あ~今日の教習は変に疲れたな~
やはり運転免許は、早めにとっておくべきだと思った。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top