Read Article

障害物を避ける運転が難しい|交通の状況に合わせるのに一苦労

スポンサードリンク


実技教習、今回は
「道路および交通の状況に合わせた運転」
を行いました。

40代の体にむちを打って頑張っています。

実技教習は1日一つと決めたので、
なかなか教習が進みませんが、これでよいと思ってます。
頭と体がついていきませんからね・・・

今回の教官は、50代くらいの少しハイテンションな女教官。
車の点検をして教習スタート。
「まず前進して右折して。」と教官。
えっ?今まではバックしてから教習所のコースに入って
路上に出ていたのに最初から違う。

少し前進して右折すると、
「段差路での発進と急発進の措置」の練習をした縁石がある・・・
これを乗り越えて路上へ行くらしい。

路上へ出ると、
「今日は今まで無かったと思うけど踏切に行きます。」と教官。
そして「左に寄り過ぎ。」
交差点で「前に出過ぎ。」など細かく注意される。
今まで注意されなかったところまで言われる・・・

何か今日は厳しい。

踏切に着き、窓を開けて音を確認
左右確認して窓を締めようとすると、
「それは踏切をわたってから。」と教官に注意を受ける。

何か今日は全般的に難しい・・・
今までは、「次の信号を左折。」などの指示でしたが、
「3つめの信号を左折。」などわかりずらい。

こちらから分からないことを質問していると、
「お話中にスミマセン、ここは30キロですよ?」と教官の注意!
あっ45キロ出していた・・・

路上に車が停止していたので、
センターラインギリギリに避けると
「合図を出して、あれは障害物と見るべき。」と教官。

少ししてから、一時停止の看板を見逃して急ブレーキ。
そして、もう一つの一時停止場所ではちゃんと止まれたと思いましたが、教官が言うには「ここの一時停止は、もう少し手前で停止したほうが良い。」と言われた。
対向車など停止線ギリギリに止まっていると少し邪魔になるらしい。

第一段階では、停止線ギリギリに止まるように教わったのに?
「交通の状況に合わせた運転」ということなのだろう。

何か今日は運転がボロボロ・・・
ほめられた箇所が一つもない。
前の教習から2日空いたからか?
前回の教習前にやった「安全確認」のイメージトレーニング。
今日の教習で「安全確認」をやってみるとギゴチない。

スポンサードリンク

さらに実技教習は続く、
二車線の歩道に入らないで車道の左側を走っている自転車。
危ないので、センターラインをはみ出さないように
避けようとすると、

「今のも合図を出して避けるべき。」と教官が言われるので、
センターラインをはみ出してですか?と質問すると、
「センターラインだろうが黄色の線だろうが、障害物があったら避けなければいけないでしょう?」と教官。

なるほど・・・

この後、交差点の中で進路変更しようとしたり
教官に「信号を左折して、右折。」と言われたのに
左折した後、右折レーンに入らなかったりと散々です。

自動車学校の入り口が見えてきて、今日の教習は終わりかな?
と思っていると・・・
教官に「教習所を直進」といわれたのに
いつものクセで、教習所に左折して入ろうとすると、
「直進たら直進でしょ!」とタシナメられる。

これは検定なら落ちてるでしょうね?
このままでは卒業できないなこれは!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top