Read Article

敷布団のカビ対策・落とし方は?

スポンサードリンク


この前、少し湿りげのフローリングの上に敷布団を敷いて寝たのですが・・・
朝起きて布団を上げてみると、敷布団の裏に黒いカビが生えていました。

これはもう使えないなと、もう一枚使用していない敷布団があったので
捨ててしまったのですが・・・

今思うと、カビを落とす方法があったのでは?
厚さとか丁度良い感じの敷布団だったので、もったいないことをしたかもしれません。

実際にカビが生えてしまった敷布団の、カビを取り除き使っている人はいるのか?
調べてみました。

敷布団のカビの落とし方
Q 子供の敷ふとんに小さなカビが生えてしまいました。小さなポツポツは落とせますか?

A エタノールでカビを死滅させることは出来ますが、色はどうやっても落とせません。

A 普通の洗剤では無理ですが、塩素系の漂白剤でほぼとれます。

複数調べましたが、アルコールなどでつまみ洗いをしカビを死滅させるなどの意見が多いです。 カビは殺せますが、問題の色素は中々取れないみたいですね。

洗濯のできる敷布団なら丸洗い、コインランドリーに漂白剤を入れて洗う。

カビの生えた敷布団をクリーニングに出すという質問を見つけました。
Q クリーニングにカビた敷布団を出したら取れたというのを聞き、出しましたがとれません。

A カビは取れません、大抵のクリーニング店は洗うだけで料金も高く付きます。

クリーニングでもカビの色素はやっかいな汚れのようです。

ちなみに、フローリングに上に直接敷ふとんを敷くとカビが生えやすいようです。
対策として、除湿シートを敷いて対策をとっている方や、ダンボールを一番下に敷いて除湿している方などがいます。

まとめ

一番怖いのは、カビの表面だけを洗って綺麗になったと思っていても、布団の中でカビが繁殖していないかということですね?
これは精神的にあまりよろしくありません。 まず安眠は出来ませんね。

個人的には、カビが生えて洗っても気になるのなら捨てて新しく買います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top