Read Article

バックで方向転換!後退はハンドル操作が難しい

スポンサードリンク


自動車学校 実技教習の10「後退」を学びました。
前の実技教習「カーブや曲がり角の通行」「坂道の発進」から、いろいろあって4日経っています。
40代の脳では、4日もハンドルを握っていないと車を運転する感覚を忘れてしまいそう・・・

教習開始10分前に、受付にある手帳入れに手帳を入れ待合室で待機します。
運転教本を読み、今日の実技教習で行う「後退」を予習。
「後退の安全確認」「後退の運転姿勢」「視点・車両感覚・速度の調節」など。

教習開始のチャイムが鳴ると、すぐに名前を呼ばれました。
今日の教習の教官は、学科「運転免許制度・交通反則通告制度」で講師をしていた少しハイテンションな女性の教官。50代くらいだろうか?
実技教習のために待合室から外に出ると「31番の車で~す♪」と教官、今回も少しテンション高め。

助手席に乗ると、教官が「運転教本を出して下さい。」といいました。
今までの実技教習では、一度も運転教本を見て教習をしなかったのでちょっと慌てて、バックに入っている実技教本を教官に渡すと、今日やるのはコレ「後退」と後は・・・
ペラペラと教本をめくり、「キックダウン(急加速と旧発進時の措置)」「段差路での発進と急発進の時の措置」をやりますと教官。

スポンサードリンク

教官の運転で、段差のある道路まで行きアクセルとブレーキを交互に踏み、段差を乗り越える実演運転。
そして教習コースの直線で、45キロほどスピードを出しキックダウンの実演。
最後に柵のある場所まで行き、後退と後退しながらの方向転換の実演。
教官が色々模範運転をしながら説明してくれますが、教官が少し早口でうまく頭に入ってこない・・・

「ハイまずはバックからやっていきましょう!」と教官。
運転を変わり、ギアをリバースに入れ、生まれて始めて車をバックさせます。
アクセルは踏みませんが、クリープ現象で勝手に車がバックしていきます。
「少し速いですね、ブレーキをうまく使いましょう」と教官。
ブレーキを踏みながら車を後退、ここまではスムーズでした。
しかしここから、後退しながらの方向転換・・・
ハンドルをどっちに切ったら良いのかがわからない?
後退しながら柵に車を入れなければいけないのですが、車が逆の方向に曲がったり、脱輪したりで大変でした。

後退しながらハンドルを戻すのが上手くできない。
教官は少し呆れ顔。
教官いわくバックの方向転換は、一時停止をしながらが一番簡単らしい。

この動画がわかりやすい、一時停止しながらの後退の方向転換です。
この動画を見てから、教習を受ければよかった・・・
でも、教習所によっては一時停止は駄目なところもあるようです。

なんだかんだで少しスムーズにバックしながら方向転換が出来るようになりました。

次は段差での発進。
段差のある場所まで教習車で行き、段差に前輪を当てます。
クリーブ現象で前進するはずですが、段差に前輪があたっているので前に進みません。
「アクセルとブレーキを交互に踏んで、前輪を段差の上に乗せて下さい」と教官。
アクセルを踏み、段差の上に前輪が乗ったらすかさずブレーキ、上手くいきました。
次は後輪、クリーブ現象を使って後輪を段差に当てアクセルを踏んですぐにブレーキ、後輪が段差に乗り上手くいったようです。

次はキックダウンの練習でしたが、ここで教習時間終了です。
後退の方向転換に時間がかかりすぎました・・・
一瞬、「再教習かな?」という疑問が頭をよぎりましたが、「次は狭路です。」と教官。判子を押された手帳を返してくれました。

あ~良かった。
でも補修を受けなくてもいいのは助かりますが、はたして私は路上で車の運転が出来るのか疑問?
現時点の技術では絶対事故を起こします。
これから上手くなっていくのだろうか?
いま路上で車を普通に運転している人が超人に見える・・・

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top