Read Article

自動車学校のトレーチャーが難しい|40代には覚えるのが一苦労

スポンサードリンク


自動車教習所2日目
今日は昨日受付の人が勝手に予約してくれた
第一教程実技1の講習。

実技1は、車の運転ではなく
「トレーチャー」という、ゲームセンターの運転ゲームみたいな乗り物で運転技術を覚えるらしい。

待合室で待っていると、講師の方に名前を呼ばれて講習場所まで連れて行かれました。
今日は私を含めて3人の受講者。
トレーチャーマシンは3台しか無かったので人数ギリギリ。
昨日の学科は二人だったので、結構受講する人は居るのかもしれない?

トレーチャーの運転座席に座ると、子供の頃よく行ったゲームセンターを思い出す。
運転系のゲームといえば「ロードブラスター」あれはハマったな~
暴走族に恋人を殺された男が車で復讐をするゲーム、今の若い人は知らないだろうな・・・

トレーチャーの講習内容は、説明と操作に分かれていました。
トレーチャーの画面に映される説明を見て理解し、操作の説明を見てハンドルを動かしたりします。
内容は、車の乗り方~車の降り方~姿勢~座席の合わせ方~
バックミラーを合わせる~シートベルトと続きます。

車の乗り方~シートベルトまではなんとかスムーズに行きましたが、
自動車の仕組みなどは、頭に入れてもすぐに出て行く感じです。
次にハンドルの回し方、親指を入れてグット握っては駄目なんですね初めて知りました。
そしてアクセルとブレーキペダルの踏み方、片方の足で操作するのか?両足で行うと思ってしました。

スポンサードリンク

そしてチェンジレバー・・・P(パーキング)・R(バック)・N(ニュートラル)・D(ドライブ)・2(セカン
ド)・L(ロー)・・・頭が混乱します。

次にハンドブレーキ、キーを回してエンジンのかけかた、計器類(スピードメーター・水温計・燃料計)、ウイン
カー、ワイパー、ライトの操作・・・
あ~展開が早過ぎる・・・ もう少しスローにしてくれないかな~

そして車を発進、画面の動きに合わせて今まで習ったことを一連の流れで操作していきます。
バックミラーや目視で安全を確認してウインカーを出す、ブレーキを踏んでチェンジレバーをDに、続いて停止の
しかたなど。

結局トレーチャーマシンでは、D(ドライブ)とP(パーキング)しか頻繁に使用しませんでした。
あ~良かった。これでバックだとか操作してたらパニックになっていたでしょう。

そしてなんやかんやで50分の教習終了。
今日の講習で一番印象に残ったのは、AT車は「クリープ現象」といってアクセルを踏まなくても車が動き出すらし
い。これはちょっと驚きでした、危ないんじゃないの?

講習内容はほとんど頭から抜けています・・・運転できるのか私は???
ATよりも操作の複雑なMT車にしなくて本当に良かった。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top