Read Article

喪中はがきは郵便局にある?無料のテンプレートもあります

スポンサードリンク


喪中はがきって前は郵便局では扱っていませんでいたが、
2014年の10月1日から販売されるようですね。

「喪中はがき」だけでなく、寒中見舞いなどにも対応しているようです。

郵便局のネットショップを調べてみると、色々な喪中の文例があります。
印刷料金も10枚で2417円と1枚240円くらいですか・・・
高いのか? 印刷屋に頼んだ時の方が安く済んだ気がします。

喪中・寒中見舞い印刷サービス

プリンターとパソコンが有れば自分で作成することも出来ます。

切手の部分が胡蝶蘭で喪中はがきに適している感じの官製はがきに
プリンターで裏面を印刷したことがあります。

文面は年賀状ソフトを使用しましたが、
今は日本郵政グループのホームページに「喪中テンプレート」があります。
結構、種類が豊富なので自分で作成できる方が此方を利用したほうが良いですね。
無料でダウンロードできます。

喪中テンプレート

喪中のマナーとして、喪中はがきは12月の初旬までに出すのが理想です。
年賀状の作成は、早い人なら12月の初旬から用意をするので、出来れば11月中に
出すのが良いようです。

自分で作成したい場合の、喪中はがきの書き方

・ まず挨拶文から書いていきます。
「喪中につき、年末年始めのご挨拶をご挨拶をご遠慮申し上げます」
などの文面です。

・ 何年の何月にだれが何歳で亡くなったのかを記載します。

・ 故人がお世話になったお礼など。

喪中テンプレートを参考にすれば間違いないでしょうね。
今はダイソーなどの100円ショップでも売られています。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top