Read Article

電子レンジとオーブンレンジの違いは? グリルとかウォーターってなに

スポンサードリンク

電子レンジとオーブンレンジの違いはオーブン機能がついただけなの?

電子レンジの種類って、オーブン機能が付いたものや
スチーム・ウォーターオーブンなど色々ありますね。

今では数千円のものから10万円を超えるものまで様々です。
使用用途によって、「温めるだけ」「焼くなどの調理にも使いたい」などがありますから、電子レンジを購入検討している場合は基本的なことを調べたほうが良いと思います。

電子レンジの種類

電子レンジ
基本的に食品を温める、解凍するなどが出来ます。焦げ目をつけたりなどの料理は出来ません。

マイクロ波という電波を当てて、食品の水分を振動させて発熱させます。
製品によって500W~1000Wなど違いがあり、数値が大きいほど温めるのが早くなります。

オーブンレンジ
電子レンジにオーブンの機能が付いたものです。ヒーターの熱を送り食品を焼く事ができます。
レンジ機能も使えるし、オーブンとしても使用できます。グリル機能がある製品は、ヒーターの熱で直接食品を焼くことが出来ます。

スチームオーブンレンジ
簡易のものとスチームが自動で噴射されるものがあります。
簡易のものはトレイに水を入れ、水蒸気で蒸し料理ができます。

コンピュータで自動にスチームを噴射するタイプは、蒸し料理の他に
スチーム温めなど水蒸気で保湿したりします。

ウォーターオーブン
水を「過熱水蒸気」と呼ばれる高温の水蒸気にして食品を焼く製品です。
温度が300~400度と高温の水で焼くため脂分などを削減できます。
(ヘルシオ)

レンジ機能だけが必要なら5000円~くらいの電子レンジが人気のようです。

電子・オーブンレンジランキング 1~100 >> 楽天週間ランキング

値段が比較的に安価な製品は、W数やセンサーなどは性能が低くなりがちです。

オーブンレンジも9000円~からありますので、レンジ機能だけの製品に少し+
するだけで、オーブンも使用できるのならお勧めかもしれません。

スチームタイプも調べてみましたが、スチームは最初だけで使用しなくなったなどの意見が複数ありました。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top