Read Article

カーペットの下に白い粉・砂?裏をめくるとザラザラした物質が!

スポンサードリンク


カーペットをめくると白い粉が・・・
この正体は何なのか知りたい。

 

カーペットを、フローリングの部屋に敷いているのですが。

このカーペットをめくると・・・
必ず白い粉のような、砂のようなものが落ちています。

DSCF1624

最初は「ダニ」かと思いました。
そこで、じーっと「白い粉」を観察・・・

動きません、ダニなら多少動きますよね~

 

念入りに掃除機をかけてもダメです。
毎回、カーペットをめくる度に謎の白い粉があります。

 

ダニで無いのなら、この粉の正体は何なんだろう?

調べてみました。

白い粉の正体

 

カーペットの下に、毎回落ちている白い粉の正体は・・・

 

炭酸カルシウムです。

詳しく説明すると

カーペットの裏に接着している、
ラテックスゴム」と「増粘材(ぞうねんざい)」が劣化したもの。

増粘材(ぞうねんざい) ー 液体に、接着性を付けるための添加物。

 

通常、カーペットは、滑り止め・毛が抜けないように
裏面に、接着剤として「接着用合成ゴム」を使用しています。

この接着用合成ゴムが、
長年の使用・保管、湿気などで劣化し、粉状(炭酸カルシウム)になったもの。

 

白い粉の正体は、
カーペットに使われる「接着用合成ゴム」が劣化して生じた「炭酸カルシウム」・・・

何か体に悪そうですね~

 

炭酸カルシウムとは?

聞いたことがあるような、無いような・・・

人体に害は無いのかな?
調べました。

炭酸カルシウムとは

 

炭酸カルシウム CaCO3

主に、大理石石灰石として産出される。
貝殻や卵の殻の主要成分。

 

食品の添加物として、いろいろな食品に使用されていたり、

化粧品の原料、消しゴム歯磨き粉にも入っています。

そして

炭酸カルシウムは、人体に無害です。

 

無害か~ ちょっと安心しました。

白い粉は、ダニやカビなどでは無く、
人体に無害の炭酸カルシウム。

 

結構いろいろな場面で使われていますよ~

セメント
タイル・カーペットの接着剤
歯磨き粉
ベビーパウダー
ゴム
食品添加物

この他にも沢山あり、かなり身近な物質です。

スポンサードリンク

白い粉のでないカーペットがほしい

 

白い粉の正体は、

カーペットの接着用合成ゴムが、
劣化
して生じた、「炭酸カルシウム」でした。

多少体内に取り込んでも、体への影響はありません。

 

でもな~

人体には影響は無いかもしれませんが、
毎回カーペットをめくり、白い粉(炭酸カルシウム)を掃除するのは面倒ですね~

粉状になっていますから、ホコリのアレルギーが出ないか心配になります。

 

カーペット買い換えようかな?

できれば、白い粉が出ないのが欲しい。

白い粉が出るのは、カーペットの接着剤の劣化が原因・・・

ならば、接着剤不使用の製品を購入すればいいのでは?

 

接着剤の使われていないカーペット
市販されていないのか?

探すと・・・

 

 

ありました

接着剤の使われていないカーペットです。

熱による特殊な製法で、
接着剤の変質のおそれがなく、アレルギーの方も安心して使えます。

 

接着剤不使用で、防ダニ加工か・・・

毎回、カーペットをめくる度に
「白い粉」を掃除しなければいけないので購入検討です。

おわりに

 

私の家のカーペットは、5年以上使用しています。

カーペットにもよりますが、大体製造から3年くらい経つと、接着剤が劣化してくるようです。

他にも

「カーペットを水洗いしてから、白い粉がでるようになった」などの意見もありました。

水洗いをして、完全に乾かさない状態でカーペットを敷いたりすると、湿気で劣化がはやまるようです。

 

今まで謎だった
カーペットの下の白い粉

ダニなのか?

カビなのか?

体に悪いものだったらどうしよう・・・

不安でしたが、

健康にあまり害のない
「炭酸カルシウム」だと分かり安心しました。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top