Read Article

水分を取り過ぎるとどんな症状が出る?下痢や水中毒で大変なことに

スポンサードリンク


水分の補給は大切です!

・ 1日2リットルの水を飲みましょう。
・ 水を飲んで、体に溜まった老廃物を尿として排出。
・ 血液の流れをよくし、脳卒中を予防。

よく聞きますね~

 

でも、水分を摂り過ぎるのも体に悪いらしい・・・

 

漢方の世界では、水分が身体に溜まる「水毒」といって
むくみ・精神異常・尿の量が少ない・尿失禁~など、様々な病気の原因になると言われています。

水分の取り過ぎでどのような症状が出るのか?
調べました。

下痢

私は、試験や面接などで、
緊張すると、よく下痢状態になります。

果たして、水分のとりすぎでも下痢になるのか?

 

水分摂りすぎ → 下痢

普段、食事や飲み物から水分を摂ります。

水分は、腸で吸収されるのですが、

あまりに沢山の水分を、短時間に摂ってしまうと

 腸で水分の吸収が追いつかなくなり、下痢をしていまいます。

水分を摂りすぎた場合の下痢は、
腸にかなりの負担をかけた結果おこるのですね!

夜、お酒をガバガバ飲んだ次の日
朝から下痢の状態が続くのはこのため。

短時間で、2リットル以上の水分を摂ると、
胃腸が拒絶反応をおこして、下痢をします。

飲み過ぎには注意ですね。

 

水をのむ時にも注意が必要です。
一度に1リットル以上飲むのは、下痢をする可能性があります。

腸が水分をうまく吸収できない状態になります。

 

かなり激しい運動をしないと、
一度に1リットルの水を飲むのは、無理だと思いますが、

過剰な摂取は水中毒が怖いです。

スポンサードリンク

水中毒

 

あまり聞かない名前ですね~

体にどんな症状が出るのか調べると・・・

 

最悪、死の危険性があります! Σ( ̄Д ̄;) え~っ

水の飲み過ぎで、死んだりするのか?

 

恐ろしい、水中毒とは・・・

水分を摂る量が、排泄する量を上回り
「低ナトリウム血症」を引き起こす病気。

簡単に説明すると、
水分を沢山とってしまい、血液の中にある塩分が薄まる

血液が、真水に近い状態になり、

脳浮腫(のうふしゅ)になります。
(脳に異常な水分が貯まり、脳がブヨブヨな状態)

頭痛や吐き気

痙攣(けいれん)が起こります。

昏睡(こんすい)状態に・・・

最悪の場合、死に至ります

怖いですね~

実際にアメリカで死んでいますから。
「水飲みコンテスト」に参加された女性が、
水中毒で無くなっています。

「水飲みコンテスト」(商品Wii)
多くの水を飲んだ人が優勝できる。(排尿・おう吐 禁止)
コンテストの数時間後に、女性が水中毒で死亡。

 

水飲みコンテストは、極端な例ですが、

マラソンなど激しいスポーツで、汗をかいた後、
水分と塩分が両方減っているのに、
水だけ補給していると、水中毒になります。

この場合は、水分と塩分の両方入ったスポーツドリンクが適切です。

しかし、スポーツドリンクでは、塩分が間に合わない場合もあります。

そのような時は、塩そのものを舐めたり、
経口補水液(けいこうほすいえき)がおすすめ。
(下痢・嘔吐・発熱など、脱水症状に適した飲料)

 

スポーツでは、水分と塩分をバランス良く補給することが必要ですね!

では、日常生活の上手な水分のとり方とは?

日常での上手な水の飲み方

 

普段の生活での水分補給は、どのようなタイミングで摂ればよいのか?
適切な水分量はどのくらいなのか?

 

1日の水分補給量の目安

人間の体(成人の場合)
体重の約60~65%が水分です。

半分以上が水分なのですね~

 

1日に、汗や尿として排出される水分は、

約2.3リットル

とすると、排出された水分の「約2.3リットル」を補給しなければいけません。

家庭での違いがありますが、平均的な食事で、「約0.8リットル」の水分が補給されるようです。

そうすると残りは、排出量2.3L- 食事から補給0.8L =「1.5リットル」ですね。

「1.5リットル」の水分を飲料水から、摂らなければいけません。

 

摂取量と排出量のバランスが大事です!

水分の摂取量が少ないと、脱水症や熱中症の原因になります。
水分の摂取量が過剰だと、下痢や水毒症の症状が出ます。

効率的な水分の補給方法

 

上手な水分補給は、一度にゴクゴク飲んでしまうのではなく、

150~250mlの水を、
6~8回に分けて飲むと良いです。

 

水を飲むタイミングは、

1 起床後

朝起きた時は、布団が湿っていませんか?
寝汗などで、かなりの水分が体から排出されています。

起床後は、水分補給を必ずして下さい。

 

2 運動やスポーツ

激しく体を動かすと、体が汗をかき、
体の中の水分はもちろん、塩分ミネラル分も流れていまします。

この場合は、水分・塩分・ミネラルが入ったスポーツドリンクが適切です。

 

3 入浴

お風呂に入ると、汗が出まね。
短時間、お湯に使っただけでも、約100mlの水分が失われます。

平均的な入浴時間(15分位)で約800mlの水分が失われます。

入浴後も、汗がでるので・・・
かなりの水分が、入浴で失われることになります。

入浴する前、後に必ず水分を補給して下さい。

 

4 寝る前

睡眠中に汗をかき、血液がドロドロ、
脳梗塞(のうこうそく)や心筋梗塞(しんきんこうそく)になる危険性があります。

就寝前の水分補給が大切。

でも寝る直前に、水の飲むのは遅すぎます。

寝る2時間前。

理由は、
起きている間は、胃が活発なので吸収が上手くいきますが、

寝る前は、胃も休息に入りますので、胃に負担がかかります

睡眠中は、水分の補給が出来ませんので、
寝る2時間前に、必ず水を飲みましょう。

 

今まで適当に水分補給をしてきましたが、
飲むタイミングも大事なのですね~

排出量、摂取量を意識して
バランスよく、水分を補給しなくてはいけませんね!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top