Read Article

ダイソーのサングラス~UV400は本当?紫外線カットできます

スポンサードリンク


100均サングラスの紫外線カット率は本当なのか?

強い日差しの季節、気になるのは紫外線です。
肌というよりは、目の方です。

目が紫外線に弱いので、この季節サングラスは欠かせません。

以前から気になっていたのですが、ダイソーやSeriaなどの100円ショップで購入できるサングラスで、紫外線99%カット・UV400などというシールが貼られています。

あれって本当なんでしょうか?

もし嘘なら、自分の体に関することですから「ちょっと怖い」ですね。
本当に100円のサングラスで、紫外線をカットしてくれているのか不安になります。

それと紫外線99%カットは分かりますが、UV400とはなんでしょう?

UV400とは?

紫外線には「UV-A」「UV-B」「UV-C」という波長があります。
UV-BとUV-Cは、普通のレンズでも防ぐことは出来ますが、
UV-Aは、UVカット400加工をしたレンズでなければ防げません。

UV380という表示もよく見ますが、紫外線のカット率は90%程度です。
UV400はカット率99%で、より目を紫外線から守ってくれます。

では、100円ショップのUV400は信用して良いのか?

紫外線強度計のような機械が手元にあればよいでしょうが、そんな専門的な機械はもっていません。

でも自分と同じ疑問を持っている方がいるはず、
調べてみました。

スポンサードリンク

100円サングラスの紫外線対策は効果あるのか?

やはりおられました、専門的な機械で計測してくださっています。

「かたちのココロ」
100円ショップのサングラスは紫外線を遮断する?

「紫外線強度計で100均で購入したサングラスを測定してみると、紫外線強度3200μW/cm^2が表示値0になりました。」

実験の結果、紫外線の表示値0。

100円ショップの製品だから、どうせ大したことはないだろうと思っていました。
侮れません。

他にも、紫外線チェッカー(UVチェッカー)で試している方がいます。

紫外線チェッカーというのは、1000~位から購入できる簡易な紫外線対策商品です。
ビーズなどに紫外線が当たると、ビーズの色が変わり紫外線の強さを表示します。

「100円ショップで購入した、透明なタイプのサングラスを、紫外線チェッカーの上にかぶせて直射日光を当てると、サングラスを被せている部分は色が変わらずその他の部分の色が変わった。」

こういう実験記事を読むと、紫外線対策だけを考えるなら高価なサングラスは必要なく、100円ショップのサングラスで良いのではないかと思います。

高価なサングラスと100円サングラスの違い

・フレームが壊れやすい。
・レンズの質が悪く、歪みが酷い。
・レンズの透明度が悪い。

100円ショップのフレームは、安価なプラスチックです。
はっきりいって、すごく壊れやすいです。というか、100円ショップに置かれている時点で壊れているものがありますから。

100円サングラスのレンズは粗悪なものが多く、波打って見えるものもあります。
レンズの透明度が悪かったり、少しの間なら問題はないでしょうが、一日中付けていたりすると目に負担がかかります。

まとめ

コンビニの買い物など、
少しの間の紫外線対策なら100円ショップのサングラスでも問題はないでしょうが、

長時間使用する場合は、
それなりのサングラスをお勧めします。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top