Read Article

脳貧血の原因は?また倒れそうになったら・・・

スポンサードリンク

電車で座れず立ちっぱなし、急に目の前が真っ暗になって・・・
仕事中に倒れそうに・・・椅子に座ると良くなったが、また起こったら。
買い物中に立ちくらみ、鉄分のサプリメントを飲んでいるのに効き目がない。

脳貧血とは、簡単にいえば脳の血行が悪くなって起こる機能障害です。
078363
脳貧血は、大別すると2種類あって

・ストレスや起立性低血圧などが原因で起こる急性の脳貧血。
・重症の貧血などによる慢性の脳貧血。

症状として
頭痛
嘔吐
耳鳴り
めまい
冷や汗

脳に血液がいかなくなった状態なので、多くは立ちくらみなどが起こり
気持ちが悪くなって、顔面は蒼白、意識は朦朧とし
目の前が真っ暗になるなどの視力の障害、最悪の場合は意識がなくなってしまいます。

だれでも経験があるのは、寝ている状態から急に立ち上がった時に
クラっとする立ちくらみ。
これは、血圧の急激な低下でおこる「起立性低血圧」。
学校の朝礼などや満員電車などで長時間の起立による血圧の下降。

起立性調節障害(OD)

また、自律神経機能失調による「起立性調節障害(OD)」があります。
健康な人でも、長時間の立ちっぱなしや急に立ち上がったりすると立ちくらみを起こすことがありますが
起立性調節障害のある人は、交感神経が上手く働かず血圧が低下したままなので
立ちくらみなどの頻度や程度が違い日常の生活が、かなり困難になる方が多くいます。

起立性調節障害(OD)の症例は一つではなく

起立直後性低血圧
体位性頻脈症候群
神経調節性失神
遷延性起立性低血圧

など症例が異なっているので、その症例に合った治療が必要となります。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top