Read Article

2018年(平成30)の彼岸の期間はいつから?~その由来はなに

スポンサードリンク


2018年のお盆休みが終わりました。
今年のお盆休みは親戚の子供とかが家に来たのですごく賑やかでした。今はもう親戚も帰ってしまったので静かな生活が続いているのですが、9月のお彼岸のときも親戚が来る予定なので今からお彼岸のことについて調べておこうと思います。

彼岸の入りは?

お彼岸というのは毎年日にちが違いますよね?大体は9月の20日とかあたりからお彼岸が始まると思いましたが、平成30年のお彼岸はいつからなのか・・・

検索で2018年9月彼岸と打ってみると・・・最初から2018年の彼岸の時期がトップページの一番上に現れました。

2018年(平成30年)の彼岸の入りは、9月20日の木曜日
彼岸明けは9月26日の水曜日です。

今は Googleで検索するとトップページに彼岸の期間が現れるようですね。つい最近まではこういうことはなかったのですが、 Googleの新しい検索機能なんでしょうか?こういうのはすごく便利でいいですね、他の方のホームページを見ないで済みます(笑 )

スポンサードリンク

彼岸の意味とは?

大体彼岸の時期というのは、秋分の日から前後三日間を彼岸というのですが 、 お彼岸というのは日本だけの風習らしいですね・・・お盆休みがあるのだから、その1ヶ月後ぐらいになぜまた同じようにお墓参りをするのか分かりませんでした。

調べると・・・
インドや中国の仏教には彼岸というのは存在しない。
日本古来の祖霊信仰が起源と言われている。

彼岸の始まりは西暦の806年らしいですからかなり古くからの風習になります。
春分と秋分の日は、太陽の位置が真東から登り真西に沈む・・・このことから極楽浄土への思いを馳せたというのが大体の彼岸の始まりの説らしいです。

そうすると彼岸の初期は先祖供養ではなくて極楽浄土への憧れみたいなものだったのでしょうか?それがいつしか先祖供養に切り替わっていったということなのでしょうね?

彼岸の期間は身を慎まなければいけない

彼岸抄という書物によれば、彼岸の時期は身を慎み善行を行わなければいけない特別な期間ということになってるらしい・・・”善行・悪行共に過大な果報を生ずる特別な期間”これは少し怖いですね、良い行いをすることを心がければいいのでしょうが過大な果報を生ずるというのが少し怖い・・・ウィキペディアに書かれている彼岸抄は文章が難解なのでよく読めませんでした・・・

何してもお彼岸の時は、墓参りと墓の掃除ですね・・・善行は私の場合、してるんだからしてないんだかよく分かりませんが、とりあえず墓の掃除だけはしっかりやろうと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top