Read Article

牛タンの干し肉作りに挑戦

スポンサードリンク

先日のベランダで作ったビーフジャーキーが、
大変美味しかったので、近所のイオンで30%引きだった
牛タンを購入して「牛タンジャーキー」というのかな?
牛タンの干し肉に挑戦しようと思います。

イオンで30%引き120円の牛タンです。
ホントはこのまま焼いて食べたい欲求に駆られますが、
先日作ったビーフジャーキーがあまりにも簡単にできたので
牛タンでも干し肉になるのか?という好奇心が勝り、
牛タンジャーキーに挑戦します。

先日のビーフジャーキと同様に、
焼肉のタレに半日ほど浸します・・・
本当はソミュール液なるものを作って
肉を浸すのが良いようですが、面倒なので
簡単に焼肉のタレで作ります。
焼肉のタレは、あまり甘くなく少し辛めのタレ。
この前作ったビーフジャーキーはこの画像のタレを
使用し大変美味しいビーフジャーキーができました。
今回も期待しています。
いい色艶です。
このまま焼いて食べたい・・・
さぞかし美味しいでしょう。
干し肉にしてしまうのがもったいない気がします。

一日目の様子かなり牛タンが干された印象です。
もうこのまま口に入れても大丈夫ではないのかな?
少し摘んで食べてみたい・・・
もう少し我慢してからにします。

2日めの様子
2日目でほぼ牛タンの干し肉は
完成したのではないでしょうか?
食べようかとも思いましたが、このまま干すとどうなるのか?
好奇心が勝り保留。

3日目の様子
完全にカチカチです。
昨日の柔らかそうな内に食べてしまえばよかったと
少し後悔しています・・・
ここまで来たらもう一日干してみましょう。

4日目の様子
4日目で完全に牛タンが干されています。
これ以上は干しても意味がないでしょう。
食べます。

実食・・・
まずはそのまま口に運びます・・・
硬い・・・硬くて歯が欠けそう。

はっきり言って干しすぎです。
二日目の柔らかそうな時に牛タンを食べればよかった。

4日間干した牛タンは、噛み切れません・・・
いや噛み切るどころか、歯がたちません。
干した牛タンを口に含みながら唾液で湿らせ
あめ玉を含むようにして少しずつ牛タンを噛んでいきます。

うむ、これはこれで美味しいかも。
少しずつ牛タンと漬けた焼肉の味が出てきて美味しい。
結局10分くらいかけて飲み込みました。

硬く干された牛タンを少しずつ噛んで頂くのも
結構美味しかったですが、今度は電子レンジで10秒ほど
温めて食べてみます。

牛タンをレンジに入れ10秒でチン。
レンジで暖められた牛タンはほどよく柔らかくなっています。
食べてみると・・・少し硬いですが美味しい。

食べた感想
牛タンの干し肉作りをやってみましたが、
牛タンの場合は干し肉にするよりも、
そのまま焼肉にして食べるのが美味しいかなと思います。

干しても1日~2日で食べるのが良いでしょう。
それいじょうになると、硬くて食べるのに苦労します。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. これ、豚タンじゃないですか?

  2. 液つける前の塩とかスパイスのすりこみは、殺菌の意図もあるので次は肉を早く引き上げるならやった方がいいのではないですか?

LEAVE A REPLY

*

Return Top