Read Article

教習所の二段階みきわめ~受かるのか落ちたらどうしよう

スポンサードリンク


自動車学校最後の実技教習「第二段階みきわめ」
40代で初めての自動車免許取得・・・とうとうこの日が!

ここまで来るのに約二ヶ月間自動車学校に通いました。
あ~長かった。

最後の実技教習ということで、少し緊張気味。
「みきわめ」で補習ということにならなければいいけど・・・

この前の実技教習の教官は、かなり高圧的な方だったので
どうか今日は別の教官にあたりますように・・・

教習時間になり教官に名前を呼ばれる。
おぉ、実技教習の初日にあたった優しい教官だ。
あ~良かった、もし昨日の高圧的な教官だったら
仮病を使って帰ろうと思っていた。

第二段回のみきわめ開始!

最初は縦列駐車から・・・
縦列駐車失敗する。

前の縦列駐車の実習ではかんたんに成功していたのだが・・・
やり方を忘れてしまっている。

すると教官が、教本を取り出して
親切に縦列駐車のコツを教えてくれる。
優しい教え方・・・昨日の高圧的な教官とは違う。

縦列駐車は、後ろの席の小窓に少しポールの先端が見えてから
曲がると良いかもしれない?
ミラーを見ながら車を直角にして、
タイヤを少し線に乗せてからハンドルを切ると良いようだ・・・

続いて方向転換のみきわめ

左の方向転換-ユーチューブの動画では、
左後方のドア窓の中央付近に内角の縁石が見えたあたりで
ハンドルを回す
」となっていますが・・・

動画のようにやっても、どうも上手くいかない?
教習所によってポイントが違うのでしょうね。
だいたいここら辺だろうと思う場所でハンドルを回すと上手く行く。

右の方向転換
動画の説明では、後部座席のドアノブに内側縁石の延長が見えた辺りで
ハンドルを回す
となっていますが・・・
右の方向転換も左と同じように、余計なことはせず
ここだという大体の感覚の地点でハンドルを回すと上手くいく。

スポンサードリンク

続いて路上運転のみきわめ

道路上に何か落ちている。
かまわずに運転しているとハンドルを教官に切られる。
こういうのは避けたほうが良いですよ。」と教官に言われる。

左折の時にカーブから車が離れる」と教官に注意され、
今日のみきわめで3回ほどハンドルを切られる。
左折時に、右に少しハンドルを回してしまっているらしい?

合図の出し方がかなり早い」と教官に言われる。
合図を出すタイミングは、今までの路上教習で必ず教官に速いと注意を受けていた。
でも頭ではわかっていても、体が方向指示器を触ってしまう。

右折の時に、前方が気になり右折側の横断歩道を見ていなかった。
今回は歩行者がいませんでしたが、必ず確認しないといけません。
と教官に注意を受ける。

路上の教習は終わり、
教習所でまた縦列駐車の練習。
先ほどとは違って上手くいく。

教習終了の時間になり、
「うん、このくらいできれば大丈夫でしょう。」
「受付に行って卒業検定の申込みをしてください。」

と教官がいい手帳にハンコと良の文字を記入してくれた。

えっ卒業検定を受けてもいいの?
かなり今回の「みきわめ」で注意を受けたと思うけど??

とりあえず教官に言われたとおり
受付で卒業検定の申し込みをする・・・

検定は明日・・・
いいのか? こんなレベルで?

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top